新型コロナウイルス感染症に対する当会の取り組み

第3救済 慈喜徳会では、新型コロナウイルスによる感染拡大の状況をふまえ、下記の取り組みを実施しております。

1. スタッフのマスク着用
2. 発熱や咳などの症状があるなど体調不良者の医療機関受診勧告
3. 行事開催時、〝3密〟を回避するための形態変更。および手洗い・消毒、咳エチケットの励行。参加者の健康状態の把握
4. よりいっそうよろこびをかせて(おもいを高めて)の三法行実践(免疫力)
5. その他(下記行動の自粛)
・クラスター(感染者集団)が発生したと報道のあった施設に行くこと、あるいは大型イベントなどへの参加など、感染リスクが高いとされている行動をとること

【行事に参加される方々、施設にお越しになる方々へのお願い】
• ご入館、ご入室時の手の消毒などのご協力をお願いいたします。
• 発熱がある、または体調が優れないという際には参加をご遠慮くださいますようお願いいたします。
• お越しの際に体調が優れないと感じられた際には、お近くのスタッフまでお申し出くださいますようお願いいたします。

今後も、行政の方針や感染状況の動向に注視し予防策を実施してまいります。

以上

最近の話題・特集

  1. 前著『人間のしくみ』では書ききれなかった、宇宙エネルギーと人…
  2. 世界がコロナ禍に揺れ動くいまこそ、真に人間らしくよろこびを源…
  3. 釈迦が説いた真の般若心経とは、見返りを期待しての「行い」では…
  4. 「天声」による人類救済の創始まもない時期に収録された、福永法…
  5. 公開後より多数のアクセスを頂いている動画「空海物語」。没後1…
【話題・特集】のすべての記事を見る